土壌汚染について

土壌汚染について

土壌汚染とは、環境基準や土壌汚染対策法で定められた指定基準を超過している『人の健康に影響を及ぼす恐れのある有害物質』が地中に存在することをいいます。 土壌汚染が発生する要因は様々で、工場やガソリンスタンドなどの操業に伴い、原料として用いる有害物質の取り扱いが不適切だったり、有害物質を含む液体を地下浸透させてしまったなどで汚染されているものがあります。また、自然的要因で汚染されているものもあります。 土壌汚染は地表面下に降下するので、土壌汚染調査を行わないと発見が困難です。そのため土地売買の契約後、開発工事中に土壌汚染が発覚し、対策に係る膨大な費用や予定外の施工遅延が原因で訴訟問題に発展するケースもあります。 また、健康被害がなくても土地売買の際に買主が売主に土壌汚染調査を求めるケースが増加しております。 昨今では油の土壌汚染も深刻化しており、汚染地周辺の土地や井戸などに油臭・油膜が発生し、生活環境へ悪影響が生じております。 土地売買の契約や操業中の工場、ガソリンスタンドなどの土壌汚染を把握する為に土壌汚染調査を行い、土壌汚染が発覚した場合は適切に処理・対策を実施することが必要です。