土壌汚染処理

土壌汚染処理

土壌汚染の対策方法として、主に「不溶化」「封じ込め」「土壌汚染の除去」などがあり、汚染物質や汚染深度により、最適な方法をご提案いたします。 当社では、特に「土壌汚染の除去」に数多くの実績を持ち、そこで培われた技術を有しております。

処理方法

ダイオキシン・PCBなどのテント内における土壌汚染処理 微量で毒性を発揮するダイオキシン、PCBについては屋外への拡散を防止する為、負圧状態に保ったテント内で処理を行います。

生石灰混合による土壌汚染処理 ガソリンスタンド撤去などに伴うVOCの処理については、生石灰混合攪拌による水和熱で揮発、分離させ浄化を行います。

大深度による土壌汚染処理 大深度における土壌処理は全周回転圧入機を使用し、所定の深さの掘削を行い土の入れ替え浄化を行います。

フェントン工法 過酸化水素と鉄(触媒)の反応によりヒドロキシルラジカルを生成し、その強力な酸化力によりVOCや油分を化学酸化分解させます。